ブラジルワールドカップで住宅を1470万円で貸し出し!

サッカーのワールドカップ(2014 FIFA World Cup)本大会を来年主催するブラジルで、民家の所有者が外国人観客らに部屋などを賃貸する動きに拍車がかかってきました。

ブラジルを訪れるW杯観戦客らの詳しい数字は不明ですが、外国人は約60万人、国内移動のブラジル国民は300万人とも予想されています。

これらのファンは、民家やホステルなどに宿泊を求めるともみられています。

リオデジャネイロの有名なイパネマ海岸地区では、寝室が4つある住宅を1カ月15万米ドル(約1470万円)で貸し出す物件が出現。

同じく人気ビーチのコパカバーナのアパートは、4週間で7000ドルの料金を要求しています。

既に確保した貸し出しの予約金を元手に改修に踏み切る邸宅もあるということです。

国際サッカー連盟(FIFA)などは、ブラジルでのW杯開催でホテル不足などを懸念材料の1つとしてきました。


しかし、地元のホテル業界では殺到する観戦客の収容には自信を示しています。

リオデジャネイロ市では、観戦客用の客船6隻の停泊施設の建設も計画しています。
ブラジルワールドカップで住宅を1470万円で貸し出し! ブラジルワールドカップで住宅を1470万円で貸し出し! Reviewed by I Kinoshita on August 20, 2013 Rating: 5
Powered by Blogger.