6/14/2013

アサリ大繁殖!岩国市尾津町門前川河口

山口県岩国市尾津町の門前川河口でアサリが謎の大繁殖をしています!

3月から5月に漁師が岩国魚市場に7.6トンを持ち込みました。

これは、山口県内で2011年に水揚げされた総量の6割以上にあたります。

統計の数字に表れない潮干狩り客が持ち帰る量も相当あるとみられています。

全国的には、数が激減しているアサリの急増に専門家も首をかしげています。

錦川水系の門前川は、岩国市川下地区で今津川と分かれ、米海兵隊岩国基地南側の瀬戸内海に注いでいます。

岩国市漁協によると、アサリは、15年以上採れませんでした。


昨年は、岩国魚市場に700キロが持ち込まれました。

今年は、さらに急増し、5月末までで昨年の10倍を上回る量が水揚げされています。

3月、4月には、口コミで知った多くの市民も潮干狩りに「集結」。

200台以上の車が海岸沿いの市道を埋める事態になったそうです。

謎の豊漁に驚いた岩国市漁協は、6月1日、「資源保護」を理由にアサリ漁と潮干狩りを来年1月末まで禁止。


1990年代後半ごろまで徴収していた潮干狩り客への入漁料を来年から再開することも決めました。

門前川河口では、毎年母貝をチヌなどの食害から守るためにネットで保護して放流してきました。

アサリを食べる巻き貝の駆除も行っています。

大繁殖は、そうした取り組みの成果ともみられていますが岩国市漁協の都築宏行参事は「(市内北側の)今津川でも同じ取り組みをしているが採れていない。どうして門前川だけ増えたのか分からない」と首をかしげています。

山口県水産研究センター内海研究部(山口市)も「アサリは条件があえば突然増えるが、局地的にこれほど増加するのは最近では聞いたことがない」と驚いています。

Related article